革製品の特殊クリーニング+補色修理は当店へ!

洗浄方法

  • HOME »
  • 洗浄方法

どんなことでお困りですか?

rect7565

rect7565-5

rect7565-4

汗や脂汚れについて

基本的には、着用後に欠かさずブラッシングを行ってください。それだけで結構汚れを防ぎますが、ついてしまった汚れはおまかせ下さい。

革用洗剤にて汚れを落としていきますが、問題は革ジャンやコートなどの内側の裏地などにひじ汚れや汗などが付いたままにしていると、臭いやカビの原因となります。

弊社では、ハイブリットリンサーで裏地などの生地を、傷めず汚れだけを洗浄しますので、汚れやカビ菌を取り除きます。

 

シミや色移りについて

水シミや油シミ、色移りやボールペンなどの色移りなどを、極力落とし洗浄します。

それでも落ちない汚れやシミは、同じ色で補色して行きますので、ご安心ください。

 

臭いの改善について

臭いは、臭いの元を断つのが一番です。

革製品は、やはりカビによるカビ臭が一番多い悩みですが、弊社の洗浄には抗菌剤をもちいて、洗浄しながらカビの発生を防止します。その後、ミンクタッチ(静電気防止)で埃を寄せ付けません。

 

※革と布のコラボ商品・・・・

革と布が一緒になった衣料品や、バッグなども洗浄することが出来ますのでご相談ください。

 

※毛皮の付いた商品・・・・

毛皮やダウンジャケット・毛皮やファーが付いている商品も素材にあった洗浄方法で綺麗に清潔にしていきます。

 

 加工について・・・・

※抗菌加工

革製品についてしまった汚れや花粉を栄養としてカビ菌が繁殖しないように、菌の増殖を防ぎます。

 

※加脂加工

乾燥して固くなった革に油分を加え、しなやかさや柔らかさを保ちます。

 

※帯電防止加工

衣服には自然と静電気が発生し、空気中の埃や花粉などを集め衣服に付着していきます。

その埃・花粉・シミなどが、湿気などと結びつくことで、カビが生える原因となる事を防ぎます。

お写真でのお見積りも可能です! TEL 092-586-5082 平日・土曜日 10:00~18:00
日曜日・祝日は休業しております。

PAGETOP
Copyright © 特殊クリーニング専門 Rain or shine All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.